研究活動実績
開催日 タイトル 内容/コメント 資料
2016/09/23 サービス創新研究所 2016年夏季研究会 下記日程にて2016年夏季研究会を開催いたしました。
 2016年9月23日(金) 18:00~21:00 
 CO☆PITにて

参加して頂いた皆様ありがとうございます。
サービス創新研究所の2016夏季研究会の発表内容は以下のとおりです。
(発表順 敬称略)

(1) 飯田 利男
KYB ES株式会社 油圧機器事業部 海外営業部 部長
事象の因果関係を「見える化」して“すでに起こった未来”と、“部員の強み”を削り出し、最適配置によって「予期せぬ成功」を導き出すメソッドの研究開発

(2) 岡崎 道成
リオン株式会社 環境機器事業部 開発部  課長
交流制約法(TCoM)の社内業務への応用に関する研究

(3) 中野 羊彦
日立総合経営研修所 研修主幹
ドラッカーの理論を踏まえた、日本の「知識社会化」の研究

(4) 吉田 健一
株式会社スタディスト
クラウドサービスを利用した知識・ノウハウの伝達と、人材教育の研究

(5) 山本 ゆうじ
秋桜舎・代表
体系的翻訳手法、翻訳および文章の品質評価、翻訳工学、美学と創作論、動機付けに基づく語学学習

(6) 坪田 康
京都工芸繊維大学・准教授
次世代型外国語教育の研究

 工藤 由美子
株式会社キュウ急便 新規事業部 マネージャー
eラーニングと電子教材を組み合わせた新しい学習スタイルの仕組みと普及についての研究

 山元 龍
株式会社EnglishCentral 営業部部長
ICTを活用した英語学習サービスを利用した人材育成と英語力の効果的な向上方法に関する研究

(7) 湯山 トミ子
首都大学東京客員教授
ICT活用型中国語教育と国際化人材の育成に関する研究

サービス創新研究所 事務局
2015/07/23 科研費成果報告書を公開しました。 科研費基盤研究(C)「現場からサービスを創新するコミュニケーション手法の開発と汎用化・体系化の研究」(代表者:阪井和男)の研究成果報告書を掲載しました。

PDF
2015/07/04 インフォーマルミーティング 8月開催のサービス創新研究所総会に向けて、プレミーティングとしてインフォーマルミーティングを開催いたしました。
当日は、下記の5テーマで参加者の皆さんで活発な意見交換が行われました。
 ・芸術思考ワークショップのアンケート調査・評価方法について
 ・セブ島での親子留学に期待することとは?
 ・親子留学を日本の早期英語教育に活用してもらうためにはどのようなアプローチが必要か?
 ・理系グローバル人材を育てる海外の企業/機関を巻き込んだPBLの可能性
 ・成果を出すために、何をすべきか? ~業務時間の見えるかによる改善を目指して~ 
2015/04/13 TCoMパンフレット Ver. 1.0 A4プリンター用 TCoMパンフレット Ver. 1.0 A4プリンター用です PDF
2015/04/13 TCoMパンフレット Ver. 1.0 印刷用 TCoMパンフレット Ver. 1.0 印刷用です PDF
2015/04/13 TCoMパンフレット Ver. 1.0 印刷用 完成イメージ TCoMパンフレット Ver. 1.0 印刷用 完成イメージです。 PDF
2015/02/22 サービス創新研究所 研究成果発表会 資料1 創造的グループ思考「交流制約法(TCoM)」 明治大学法学部教授 阪井和男 PDF
2015/02/22 サービス創新研究所 研究成果発表会 資料2 デザイン思考とクリエイティブ・グループシンキングとの接合 戸田博人 PDF
2015/02/22 サービス創新研究所 研究成果発表会 資料3 TCoMパンフレット β版 PDF
2015/02/22 サービス創新研究所 研究成果発表会 資料4 参加者アンケート集計結果 PDF
全部 34件
Facebookもチェック
facebook グループ
ドラッカー学会 Drucker Workshop
ネクストワールド・サミット
大阪ガス行動観察研究所